第1回検定試験を振り返って。①

こんにちは、マンションマエストロ検定事務局です。

4月の合格発表から早2ヶ月が経過いたしました。
スキルアップのために受験をされた方は、知識が役に立っているでしょうか?

マンション購入を検討されていた方は自分の理想どおりのマンションに出会えましたか?

■ 合格率は? どんな人が受験したの?

第1回目の『マンションマエストロ検定』は、学生さんから定年退職をされた方まで(10代から70代)、幅広い層の方々が受験してくださいました。

合格率は2,3級ともに80%超え。約3分の一の受験者の方が、宅地建物取引士の資格保持者。それが合格率を押し上げる結果になったのではと思われます。

■ 男女比は?

受験者の男女の比率を見てみますと、女性の割合はわずか2割。
やはり不動産関係の資格となると、男性向きという印象が強いのでしょうか?
『マンションマエストロ検定』は他の不動産関係の資格や検定と比較すると、マンションに関わる日々の生活に関係した知識を問う内容も含まれています。女性にとっても身近で、学習しやすい内容かと思います。今後は、女性にもどんどん挑戦していただきたいですね。

■ マンション購入希望の割合は?

受験者のうち34%の方々が「マンションの購入」を検討されている(いた)ことがわかりました。
今回得た知識があれば、不動産会社の方との話も理解しやすくなりますし、ご自身の判断でマンションの売買をして頂けるようになればうれしいと事務局一同考えております。

皆さんが理想とするマンションに出会えることを、検定を通してサポートしていければと思っています。

■ ステップアップ!

受験者の半数以上の方々から「さらに上級を目指したい!」との回答を得ることができました。次回の検定を来年2020年春に実施すべく、事務局では日々喧々諤々検討中! 皆様からの実施の期待も多い1級の実施も検討しておりますので、乞うご期待❕

第一回検定試験を振り返って①-スキルアップ

次回からは、検定で実際に出題された問題を解説してゆきます。ご期待ください!